< GREE「金田一少年の事件簿」攻略法まとめメモ kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

GREE「金田一少年の事件簿」攻略法まとめメモ
 過去、何度か攻略法を書いたGREE「金田一少年の事件簿」ですが、すっかり更新が止まってしまいました…。もう1か月も経つのに、次の事件予告すらありません。ベータ版だし、これまでの事件だけで終わってしまうのでしょうか。うーん。でも、速水玲香は出てきたけど、金田一二三や高遠遙一はまだなので、出てくるような事件もやるんじゃないかなぁと思っているのですが。
 とりあえず、知っている限りの攻略ポイントをまとめてみました。今更感がかなり漂いますが、これまでのまとめも兼ねて…。伝聞も含まれているので、100%正確か保障はできかねますが、大きくは間違っていないかと。

・人によってトレカが集まりやすい場所がある。逆に言うと、何度宝箱をあけても手に入れられない場所がある。プチレアは4つのうち1つ、レアは3つのうち2つは自力では手に入れられない。
・手に入れられないプチレア、レアのトレカを手に入れるには、仲間からもらうか、怪盗紳士との推理対決(他の人から奪う)しかない。
・人によってトレカが集まりやすい場所は決まっているので、自分と違う場所の人を仲間にすると交換し合いやすい。
・推理対決は、以前はレアも手に入れられやすかったが、今はめったに手に入らないようになっている。しかも、このゲームのユーザーはかなり対決を嫌がっている人が多いので…。
・集中力がMAXのときには宝箱が得やすい。ただ、最近はかなり金の宝箱が出にくくなっている。
・宝箱のFLASHが流れそうなタイミングでCLRを押すと時間が短縮できる。けど、失敗するとかえって時間がかかったり…。
・宝箱は捨てられる。お金がたくさん余っていて、金の宝箱以外いらないような場合は、捨てた方が集中力MAXの時間を多く使えるし、アイテムを壊す数も減る。
・推理や宝箱を開けるときにアイテムが壊れることがあるが、これは事件を解決した後にもらえるアイテムや、課金して買ったアイテムも同様。以前、嫁さんを招待してコインが手に入ったので、500コインもするアイテムを買ったのに、1か月で壊れた>< 正直、今はあまり推理対決も盛んでないし、たとえ負けてもレアを取られることはほとんどないし、わざわざ課金する程ではないような…。
・推理力は、洞察力×アイテムの最大推理力らしい。例えば洞察力が3で、アイテム5個の推理力が100、100、80、80、50だったら、そのうちの大きなもの3つを足した280が推理力となる模様。論理力も同様で、直感力×アイテムの最大論理力らしい。
・推理力や論理力は推理対決に使うだけでなく、「犯人を推理する」の推理ゲームの難易度にも影響する模様。一度、Hardでゲームしたらめちゃくちゃ難しかった(^^;
・アイテムは何個同じものを買っても、それが最大ならあるだけ推理力や論理力に加えられるので、一番数値の大きいアイテムは30個とかもっととか大量にまとめ買いが必要。
・アイテムは次の事件に進むと増えるので、買うのを忘れずに。
・推理力や論理力が上がると、証拠も1回で手に入りやすくなる。
・事件のランクに、全ての証拠を集めずに事件を解決できたものに与えられる称号として「記憶の収集者」があるが、これは全ての証拠を集めきっても称号をもらえる。つまり、クリアすれば必ずもらえる。一度、最初に「心配の探求者」狙いで全ての調査を完了させたら、証拠まで全て取っちゃって、証拠を戻すというのはできないのでどうしようと思っていたら、ちゃんと「記憶の収集者」もマークが付いていました。
・クリア後の調査は特にやらないでも問題無い。集中力MAXのときにそこで調査すると、ストーリーで止まることなく調査を続けられるので、宝箱を数多く手に入れられる。
・オペラ座館殺人事件のクリア後の調査は、体力2で経験値3が手に入り、レベル上げに最適。
・握手で「握手しました」とだけ表示される人も、ちゃんとポイントは入っているらしい。

<過去に書いた各事件の攻略法>
オペラ座館殺人事件 疾風の選択者メモ
雪夜叉伝説殺人事件 疾風の選択者メモ
学園七不思議殺人事件 疾風の選択者メモ
悲恋湖伝説殺人事件 疾風の選択者メモ


遊び・行動・日記 | 【2011-03-02(Wed) 18:21:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する