< ドバイWCでヴィクトワールピサが勝利!高松宮記念はキンシャサノキセキが連覇 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

ドバイWCでヴィクトワールピサが勝利!高松宮記念はキンシャサノキセキが連覇
【ドバイWC】ヴィクト世界一!香港&凱旋門も「行きます」
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2011/03/28/kiji/K20110328000512710.html

 ドバイから勇気と希望が届いた。26日(日本時間27日未明)、世界最高の賞金総額1000万ドル(約8億1000万円)を争う国際G1、ドバイワールドカップでヴィクトワールピサが日本馬として初の勝利を収めた。2着にも日本のトランセンドが続き、日本馬のワンツー・フィニッシュ。競馬ファンだけではなく、日本を元気づける歴史的快挙となった。
 世界の強豪を抑え、ヴィクトワールピサが先頭でゴール。厩舎スタッフの松田助手と滝川助手が飛び出す。角居師は涙をこらえながらウイナーズサークルへ。日本馬が初めてドバイワールドカップを制した瞬間だ。
 ゴール後に派手なガッツポーズを決めたデムーロは「信じられない。直線が凄く長く感じた。日本を愛してます」。そう言うと、勝負服の右袖につけられた喪章にそっと手をやった。
 意外な形でレースは進んだ。まさかの出遅れ。道中はブエナビスタよりも後ろ、最後方で1コーナーを回っていく。「ゲートが日本より狭いので尻込みをして下がり、発馬時に頭をぶつけた」とデムーロ。それでも「スローペースだったので、外へ出して最終的にグッドポジションを取ることができた」。最後方から逃げたトランセンドの2番手に押し上げる絶妙の手綱さばき。ゴールで半馬身抜け出した。
 角居師は「日本に希望と頑張る勇気を」の思いを形にした。自身の海外G1は4勝目。ドバイは10回目の挑戦で初勝利だ。「(結果が出たのは)諦めなかったから。(今回の大震災で)被災した方も大変だと思いますが、諦めないでほしい」。これまでも諦めない心で数々の壁を打ち破ってきた。カネヒキリでは多くの名馬が引退に追い込まれた屈腱炎を最先端の幹細胞移植手術で克服。ウオッカではダービーを牝馬として64年ぶりに制覇。何度も挫折を味わいながら、挑戦し続けたことが日本の競馬史を塗り替える快挙につながった。
 次走は香港のクイーンエリザベス2世C(5月1日、シャティン芝2000メートル)の予定。会見で「オーナーと相談して」と角居師が言葉を濁すと、市川オーナーが「行きますよ」と鶴の一声。プレスから「凱旋門賞は?」の質問に、今度は「行きましょう!」とデムーロ。角居師は笑って「行きます」と続けた。今後はワールドツアーの青写真が描かれている。世界の頂点に立ったヴィクトワールピサの挑戦は終わらない。
 ◆ヴィクトワールピサ 父ネオユニヴァース 母ホワイトウォーターアフェア(母の父マキャヴェリアン)牡4歳 栗東・角居厩舎所属 馬主・市川義美氏 生産者・北海道千歳市社台ファーム 戦績13戦8勝(うち海外3戦1勝)獲得賞金約10億8716万円。
  ▽ドバイワールドカップ 世界有数のオーナーブリーダーでもあるドバイのシェイク・モハメド殿下の発案で96年創設。当時の世界最高賞金レースだった米国ブリーダーズCを超す賞金で世界から強豪を集めた。現在の賞金総額は1000万ドル、1着賞金600万ドル。ナドアルシバ競馬場(ダート2000メートル)から昨年、メイダン競馬場の全天候型オールウエザーに舞台が変更された。

 ◇ドバイワールドカップ(GI)メイダン・オールウエザー2000メートル(14頭)
(1)ヴィクトワールピサ(デムーロ)2分05秒94
(2)トランセンド(藤田)1/2
(3)モンテロッソ(バルザローナ)1/4
(4)ケープブランコ(スペンサー)1/4
(5)ジオポンティ(ドミンゲス)3/4
(8)ブエナビスタ(ムーア)


(スポニチ 2011年3月28日 06:00)

 ついに日本調教馬がドバイWCで勝利!しかもワンツーフィニッシュと出来過ぎな感じもありますが、これでやっと日本馬のレベルの高さを海外に知らしめることができたと言えるかも。これまでもそれなりに活躍はしていましたが、ドバイWCやキングジョージ、凱旋門、ブリーダーズカップクラシックのような世界最高峰のレースを勝利したことは無かったので。しかもそれが○外や海外種牡馬の産駒ではなく、日本でクラシックを走った馬から産まれてきたというのもうれしいことです。お父さんの方は、現役時代散々に言ってその結果ことごとく馬券を外していた記憶がありますが…もう時効ということで。さらに、ワンツーを飾った両馬が芝とダートと、主戦場が異なっていたというのもうれしいことです。芝だけが、ダートだけがレベルが高いのではなく、どちらもということになりますので。
 レースは最後方から向こう正面でまくって二番手につけ、直線競り合いを制してヴィクトワールピサが勝ったという内容。スローのため最後方では間に合わないとまくった騎手の判断力も光ります。トランセンドは気分良くスローで逃げられたというところですが、それでも初コースでこの競馬ができるのは凄いことです。
 ということで、勝ったヴィクトワールピサは今後も海外の最高峰のレースを転戦するようです。欧州でも勝って欧州年度代表馬になんかなったりしたら凄いかも(日本馬でなれるか知らないけど)。トランセンドもアメリカあたりに遠征でもしたところを見てみたいかな。


キンシャサノキセキが史上初の連覇達成/高松宮記念
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=54983&category=A

 27日、阪神競馬場で行われた第41回高松宮記念(4歳上、GI・芝1200m)は、U.リスポリ騎手騎乗の3番人気キンシャサノキセキが道中は好位を追走。3~4コーナーで徐々に進出すると直線半ばで力強く抜け出し、馬群を縫って末脚を伸ばした4番人気サンカルロに1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分07秒9(良)。さらにアタマ差の3着には11番人気アーバニティが入り、道中不利を受けた1番人気ジョーカプチーノは10着に敗れている。なお、4位に入線したダッシャーゴーゴーは3コーナーで他馬の進路を妨害したとして、11着に降着となった。
 勝ったキンシャサノキセキは中京競馬場で行われた昨年に続く、高松宮記念連覇でGI通算2勝目。また、同競走の連覇は前身の高松宮杯時代も含めて、初の快挙となった。
 鞍上のU.リスポリ騎手はJRA・GI初勝利。堀宣行調教師は昨年に続く高松宮記念2勝目でJRA・GI3勝目。


(netkeiba 2011年03月27日)

 高松宮記念はキンシャサノキセキが連覇。当たる気が全然しないので最近は馬券を買っていませんが、今回もし買っていたらおそらくやはり外していたでしょう。それはともかく好位から直線抜け出すという王者らしい競馬をして連覇しました。もう種牡馬になってしまうようですが、お父さんのように豪州にシャトル種牡馬とかなったりして。また、同じ馬、同じ騎手でG1二度目の降着となったダッシャーゴーゴーはさすがに騎手を替えるべきでしょう。

競馬予想・結果など | 【2011-03-28(Mon) 16:24:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する