< 花見自粛しないで 復興支援に東北の地酒を 岩手の蔵元 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
花見自粛しないで 復興支援に東北の地酒を 岩手の蔵元
花見自粛しないで 復興支援に東北の地酒を 岩手の蔵元
http://www.asahi.com/national/update/0406/TKY201104060134.html

 自粛は無用。東北の地酒を飲んで、被災地に元気を――。岩手県二戸市の酒造会社「南部美人」が、動画投稿サイト「ユーチューブ」を使って東北の地酒をPRしている。
 「被災地岩手から『お花見』のお願い」と題し、ユーチューブに投稿したのは同社専務で5代目蔵元の久慈浩介さん(38)。東日本大震災で工場の煙突が壊れたり、蔵の壁が崩れたりする被害が出たが、製造ラインは無事で、一日も休まず酒造りを続けている。
 例年なら歓送迎会や花見のため出荷量が増える時期だが、震災の影響で3月の出荷量は4割減った。岩手県酒造協同組合によると、県内の23カ所の酒蔵のうち沿岸部の3カ所は全壊。ほかにも停電の影響などで現在も生産ラインが止まっているところがあり、南部杜氏(とうじ)で知られる地元の酒造業界の被害は深刻だ。
 南部美人は出荷先の半分を県外が占める。「被災地を気遣っての自粛の気持ちはありがたいが、このままでは経済的な二次被害を受けてしまう。被災地以外の方は普通に生活し、経済活動をすることが中長期的に被災地の支援につながる」と久慈さん。
 2日の投稿以来、ユーチューブでの再生回数は26万回を超えた。久慈さんは「反応の大きさに驚いている。日本酒には人を元気にする力がある。東北の地酒を飲んで、みなぎった活力を被災地に送って欲しい」と話している。(京谷奈帆子)


 被災地への支援の仕方も、募金やボランティアのような直接的な支援もありますが、こういう間接的な支援もあるという良い例だと思います。募金やボランティアはできるならばやった方が良いことは間違いないですが、募金をたくさんできる人は限られていますし、体力や仕事等からボランティアに行けるという人も限られています。ですが、このような間接的な支援でしたら継続して行える人も多いはずです。
 東京はかなり桜が咲き始めています。今週末、花見をする人も多そうですが、花見で食べるお酒やおつまみに被災地のものも加え、楽しみながら被災地支援も行うというも良いのでは。私は来週花見なので、その時は被災地のお酒を飲んでみようと思います。日本酒はあまり強くないのですが(^^; 焼酎というのもいいかな。

募金についての考察 | 【2011-04-07(Thu) 13:48:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。