< 「原子力なんかやめて、火力・水力・風力・太陽光でやっていくとなぜ決断できないのか」 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

「原子力なんかやめて、火力・水力・風力・太陽光でやっていくとなぜ決断できないのか」
 昨日の東電の株主総会で脱原発の提案がされて否決されたそうですが、そのニュースの中でワイドショーのあるコメンテーターの言葉がこのタイトル。一言一句正確ではありませんが、このような趣旨のものでした。他の出演者も同意したような雰囲気で、脱原発の提案が否決されたことがおかしいという流れでした。
 たしかに、今後当分、あるいは永久に、原発の新規立地は難しいでしょう。また、既存の原発でさえ、定期点検後の再稼働はそう簡単ではありません。そして、今回の原発事故を受けて、風力や太陽光などの自然エネルギーの割合を増やしていこうという流れは当然であり、そうすべきだと思っています。
 ですが、自然エネルギーを増やすといってもすぐにできる訳ではなく、また天候等に左右され不安定な面もあります。今回、再生可能エネルギーの買い取り法案は、自民党に政権が戻ったら二度と日の目を見ない可能性すらありますので、この機を生かして成立させ、自然エネルギーの発電量を増やしやすい環境を作るべきだと思いますが、それでもこれだけで解決できる問題ではありません。
 そしてもっと言いたいのは、こういうテレビのコメントの多くは火力や水力に無批判なこと。今、火力や水力に頼らざるを得ないことは確かですが、自然エネルギーに時間がかかるなら火力や水力をどんどん増やしていって需要を賄えばいいとは私は思いません(ごく短期的な話ではなく中長期的な話として)。そもそも原子力が推進されてきた理由の中には、今回の事故の後に言うのは恥ずかしい面もありますが、環境負荷の高い火力や水力発電よりも、環境にやさしい原子力発電を増やしていこうというものでした。今となっては原子力の万が一のときの環境への負荷の高さは言うまでもないことですが、今でも火力や水力が環境に与える影響が大きいことは変わりありません。
 石油や石炭、天然ガスなど化石燃料を大量に消費し、CO2やNOX、SOX等を大気中に大量放出する火力発電。自然や生態系を破壊しダムを造る水力発電。現時点で電力の大きな割合を占めているという現実もありますが、その一方で、この環境に対する悪影響についても忘れてはならないと思います。今は将来の日本のエネルギー環境を形作る大事な時期でもあるのですから、世論をミスリードしていかないか、テレビで無批判に火力や水力が語られると心配になってしまいます。

ニュース | 【2011-06-29(Wed) 14:59:41】
Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
再生可能エネルギーの買い取り法案は孫正義のために菅直人が約束した法案である。
菅直人は韓国人に参政権を与えることに賛成であると国会で答弁した。
菅直人は韓国人から百万円以上のカネを貰っている。
菅直人は日本人のためではなく韓国人のために政治活動をする男である。
法案は再生エネルギーの高価な金額での買取を電力会社に義務付ける。
電力会社は損をしないよう電気料金を上げざるを得ない。
その負担は中小企業を含む多くの国民が負担しなければならない。
中小企業は赤字か倒産に追い込まれる。
電気料金には消費税が加算されているが、言わば追加の消費税が加算されることとなる。
2011-06-29 水 19:54:07 | URL | 盗人・李メドベージェフ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する