< 校庭ボール遊び、なぜ小5少年側に高額賠償命令 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
校庭ボール遊び、なぜ小5少年側に高額賠償命令
校庭ボール遊び、なぜ小5少年側に高額賠償命令
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110708-OYT1T00149.htm

 愛媛県今治市で小学校の校庭から飛び出たサッカーボールをオートバイの80歳代男性が避けようとして転倒、その際のけがが原因で死亡した事故を巡り、大阪府内の遺族が訴えた民事訴訟で、大阪地裁がボールを蹴った当時小学5年の少年(19)の過失を認め、両親に約1500万円の賠償を命じた。校庭でのボール遊びが、高額の賠償命令につながったのはなぜか。
 判決(6月27日)などによると、2004年2月の事故時は放課後で、少年は校庭のサッカーゴールに向け、ボールを蹴っていた。ゴール後方に高さ約1・3メートルの門扉とフェンス、その外側に幅約2メートルの溝があったが、ボールは双方を越え、男性が転倒した道路まで届いた。
 裁判で少年側は「校庭でボールを使って遊ぶのは自然なこと」と主張したが、判決は「蹴り方次第でボールが道路に飛び出し、事故が起きることを予見できた」と過失を認定した。法律上、過失とは「注意を怠り、結果の発生を予測しなかった」場合を指し、これにあたると判断したためだ。さらに、事故から約1年4か月後の男性の死亡との因果関係も認めた。
 判決は、民法の「自分の行為でどんな法的責任が発生するか認識できない未成年者」には責任能力がないとする規定を適用し、当時11歳の少年でなく両親に賠償責任を負わせた。過去には11歳でも責任能力を認めた裁判例もあり、裁判ごとに年齢や行為を勘案して判断されるのが実情だ。
 一方、今回の判決で大きな疑問として残るのは、学校側の責任の有無だ。
 訴訟関係者によると、少年側は他人に損害を与えた場合に備えた保険に加入しており、保険会社と男性の遺族間の示談交渉が折り合わず、裁判に発展した。
 遺族側は「少年側の責任は明らか。学校の責任を問うことで争点を増やし、審理が長期化するのは避けたい」として、裁判の被告を少年と両親に限定。このため、学校設置者の今治市は「利害関係者」として少年側に補助参加したものの、「学校管理下の出来事でなく、監督責任はなかった」との主張は争われず、判決も触れなかった。
(2011年7月8日08時47分 読売新聞)


 ちょっと前にこの判決の記事を見て「え?」と思いましたが、こういう事情があったんですね。少年および少年の保護者は保険に入っていて支払う必要がないため、裁判所もこのような賠償額を出したという面もあるのでしょう。この裁判についてはわかるのですが、ただこれが判例となってしまうことは結構怖いものがあります。
 私も小中高とサッカー部だったのですが、「万が一道路に出たら事故になるかも」なんて考えながら蹴ったりなんてしません。特に試合で、守備で相手のボールをカットして大きくラインの外に蹴りだすときとか、「学校の外に出たら危ない」とか思いながら弱く蹴っていたら相手に取り返されてしまいます。それに、シュートはもちろん強く蹴ることがほとんどですが、プロでもミスをします。サッカーゴールの外に蹴ったら事故になって莫大な借金を背負わされるかもしれないなどと考えていたらシュートなど打てません。この判決は、サッカーをする子どもたちに練習でも試合でもそういう判断を促すようなもので、大げさに言ったら、日本の強くなりつつあるサッカーを弱体化させることになりかねないのではとまで思ってしまいます。
 この記事だけを見る限り、ゴール後方に1.3mのフェンスや門しかないというのはちょっと低すぎます。サイドライン側はともかく、ゴールの後ろは必ずシュートミスのボールがたくさん飛んでくるので、多くの学校ではゴールの後ろは校舎や体育館などにするか、そうでなければ高いネットを張っています。放課後とはいえ、児童が放課後に校庭で遊ぶことは当然予測できることであり、ゴールがあったらそこに向けてシュートを打つことも当然予測できることであり、ゴールの設置場所の危険性を取り除くことをしなかった学校側の責任は当然あったはずです。
 責任を認めていない学校側とも争うとなると時間がかかるため、責任は認めていて、保険も入っているので支払い能力もあって、男性の死亡に対する責任の割合だけが一致しなかったので、裁判所にそれを決めてもらえば早く結論がでるから少年とだけ争った、ということなのかもしれません。ただ、昔サッカーをやっていた立場から考えると、裁判の結果、学校の設備の安全性をもっと高めるよう促された、というのならよいのですが、安全性はそのままに、子どもたちを抑制的にプレイさせる方向に促されたとなってしまわないか危惧します。保険に入っていたとしても、死亡や怪我の責任を、故意でも重過失でもなく、ただ蹴りそこなった子どもにだけ背負わせるというのは納得がいかない思いがあります。

ニュース | 【2011-07-08(Fri) 20:44:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。