< 女子W杯:なでしこ世界一、米国を撃破 澤は得点王&MVPに kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

女子W杯:なでしこ世界一、米国を撃破 澤は得点王&MVPに
女子W杯:なでしこ世界一、米国を撃破 澤は得点王&MVPに
http://mainichi.jp/enta/sports/soccer/news/20110718mog00m050003000c.html

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日(日本時間18日)、当地で決勝を行い、日本(なでしこジャパン)がPK戦の末、世界ランキング1位の米国を降し、初優勝した。年齢制限がないフル代表の国際大会で日本が優勝するのは男女を通じて初めて。澤(INAC)が通算5得点で大会得点王になり、大会の最優秀選手にも選ばれた。
 日本は前半、米国の縦への速い攻めに再三ゴールを脅かされたが、無失点でしのいだ。後半半ば、速攻からモーガンに先制を許したが、35分過ぎ、右クロスのクリアボールを、ゴール前に詰めていた宮間(岡山湯郷)が押し込み同点とした。
 延長前半の終了直前、ワンバックに頭で決められ、勝ち越されたが、延長後半、左CKから澤が押し込み再び追い付き、PK戦で決着がついた。
 世界ランキング4位の日本は、1次リーグを2勝1敗で突破。準々決勝で3連覇を狙ったドイツを倒し、準決勝でスウェーデンに逆転勝ち。初の決勝進出で一気に頂点に立った。米国は3大会ぶり3度目の優勝を逃した。日本はW杯で95年大会のベスト8、五輪は08年北京大会の4位が過去最高だった。
(毎日新聞 2011年7月18日)


 サッカー、凄かったですね。試合前日早めに眠ろうと思って21時台には布団に入ったのに、眠れたのは結局1時近く。それで3時40分起きだったので結構きつかったのですが、試合を見ていたら完全に眠気は吹き飛んでしまいました。試合内容については今更言うこともないですが、日本がサッカーのワールドカップで頂点に立つ姿をこんなに早く見られるとは夢にも思いませんでした。これを機に女子サッカー人気も盛り上がってくればいいですね。早速今週日曜にはなでしこリーグの試合があるようです。男子でも小中学生あたりが見る分には、男子のプロサッカーよりもなでしこリーグの方がより身近で、でも戦術的には完成していて、参考になると思うんだけどなぁ。


なでしこ優勝記念、ほっともっとが弁当値引き 690円→590円など
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110719/biz11071915170007-n1.htm

 日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)のオフィシャルスポンサーで、持ち帰り弁当店「ほっともっと」などを展開するプレナスは19日、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)でなでしこジャパンの優勝記念として、27日から31日まで、全国2492店で人気弁当の割引を行う方針を明らかにした。
 対象はビーフステーキ弁当(490円→430円)▽ガーリックステーキ弁当(同)▽スペシャルビーフステーキ弁当(690円→590円)▽スペシャルガーリックステーキ弁当(同)▽涼風かつ重(450円→390円)の5種類。
 またプレナスは、なでしこジャパンの代表選手6人を起用した、「ほっともっと」のCMを、同じく27日から31日まで全国放送することを決定。女子ワールドカップでの活躍を受けて急きょ決めたもので沢穂希、宮間あや、阪口夢穂、大野忍、近賀ゆかり、岩清水梓の6選手が、なでしこリーグ戦で活躍していた際の写真を活用する。
(産経新聞 2011.7.19 15:15)


 こういう優勝の時こそ、なでしこリーグの存続の危機を救って、オフィシャルスポンサーとして女子サッカーを支えてきたプレナスは再評価されてしかるべきだと思います。株価も上がったりしたようですが、「ほっともっと」や「やよい亭」の売れ行きも上がるのではないでしょうか。これまでははっきりいってプレナスにはスポンサーになったうま味はそれほど無かったのではないかと思われますが、こういうときにはスポーツの側が企業の側にお返しができる、そういうスポーツと企業の関係が築けると企業の側も支え続けていけるのではないかと思ったりします。


パク・ジョンミン、なでしこの質問に謎の退席
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=20110719hochi025

 韓国の歌手パク・ジョンミン(24)、女優の酒井美紀(33)が18日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで携帯配信ドラマの完成披露イベントに出席。会見中、なでしこジャパンに関する質問でパクが突然、退席するハプニングがあった。
 パクはイベントで約2000人のファンに満面の笑みを振りまいた後、別室で酒井、大谷健太郎監督(45)との囲み会見に出席。ドラマに関する話題では流ちょうな日本語でPRしていたが、なでしこジャパンの質問が出ると、カメラの前から姿を消し、脇でメーク直しを始めた。会見場がざわつく中、酒井と大谷監督は「本当に感動しました」などとコメントしたが、パクはサッカーの話題が終わったと同時に席に戻り、「僕はダメです」と謎のコメントを発した。サッカーに関する質問がダメなのか、イベント関係者は「詳細は分かりません」と説明した。
(スポーツ報知 07/19 08:00)


 良い意味で覚えておきたいのがプレナスだとしたら、その逆は…。韓流とか興味がないのでどの程度売れている人なのかわからないのですが、この対応は無いですよね。他国に仕事で来ていて、その国に対して社交辞令で「おめでとう」ぐらいも言えないとは。
 それはともかくとして、Wikipediaを見ると今回のことは書かれていません。で、編集履歴を見ると、何度も書かれては消され、書かれては消されしています。芸能人が不祥事を起こすとよくあるパターンで、ソースを提示して内容を書くと「著作権侵害」として消され、ソースを提示しないで内容を書くと「出典が無い」として消され、それが繰り返されると編集保護になって書き換えられなくなり、ほとぼりが冷めた頃に何もなかったかのような記述に戻される、となるのでしょう。Wikipedia対策を行う専門の業者とかがいるのかもしれません。政治家のWikipediaの記述とかは、不祥事はもちろん、細かい単純な記載ミスとかも永遠に書き残されたりしているのに、芸能人の場合はテレビでも新聞や雑誌でも明らかなのにすぐに消されたりしていて、ちょっとずるいなぁと思ってしまいます。


「日本、予想より早く回復」…IMFが見通し
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110720-OYT1T00170.htm

 国際通貨基金(IMF)は19日、日本に対する年次審査報告を発表した。
 東日本大震災の影響について「経済活動は予想よりも早く回復している。(製造業の)供給面は今夏に平常化し、年後半は回復に向かう」との見通しを示した。2011年の経済成長率は前年比0・7%減と落ち込むが、12年は2・9%増に回復すると見込んでいる。
 報告書は、企業が復興需要に対応して、生産設備を増強するための資金需要が高まる結果、金利が上昇する可能性があるとした。そのため、企業の資金調達を支援し、景気回復を後押しするため、「日本銀行がさらなる金融緩和策を取る用意があることを歓迎する」との見解を示した。
(2011年7月20日09時51分 読売新聞)


 こういう明るいニュースが流れるようになると、日本の回復も早まるかもしれませんね。円高が気がかりではありますが、日経平均株価も今日は1万円台を回復したようです。

ニュース | 【2011-07-20(Wed) 15:44:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する