< 宮城・女川のがれき10万トン受け入れ 都内の清掃工場 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

宮城・女川のがれき10万トン受け入れ 都内の清掃工場
宮城・女川のがれき10万トン受け入れ 都内の清掃工場
http://www.asahi.com/national/update/1124/TKY201111240175.html

 東京都と都内の清掃工場を管理する特別区長会や市長会は24日、宮城県女川町のがれき約10万トンを2013年3月までに受け入れると発表した。12月に焼却灰の放射性物質が基準内であることを都内の清掃工場で確認し、来年2月以降本格的に受け入れる。
 震災がれきを都が受け入れるのは、岩手県宮古市に続き2例目。木くずなど燃えるものを貨物列車で東京へ運び、都内の清掃工場で燃やす。女川町のごみを受け入れている清掃工場の焼却灰に含まれる放射性物質を調べたところ1キロあたり2300ベクレルで、国の基準の8千ベクレルを下回っている。都内の清掃工場の平均値とほぼかわらないという。
(朝日新聞  2011年11月24日13時12分)


 災害を受けた地域に対して受けなかった地域がこうやって協力するのは当然だと思います。むしろ遅いぐらいではとも思ってしまいますが、色々と反対感情も出ていたようなのでしょうがないかな。ただ、一都民として、これまで岩手、宮城と受け入れが決まってきましたが、できればこれまで東京の経済や生活を支えてきた福島の災害廃棄物を真っ先に受け入れてほしかったとも思いました。この件に関しては石原都知事も色々と発言しているようなので、きっと何か考えているんだろうと期待しています。これまであまり期待したことはなかったのですが(^^;

ニュース | 【2011-11-24(Thu) 18:25:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する