< 【静岡県熱海市】マリンスパあたみ kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【静岡県熱海市】マリンスパあたみ
【静岡県熱海市】マリンスパあたみ
 昨年末の熱海旅行の際にマリンスパあたみに行ってきました。ここは熱海温泉と温水プールを兼ね備えた施設です。その分、普通の温泉施設よりちょっとお値段もお高めですが…。(公式サイトには割引券があります)
 なお、施設内は撮影禁止のため、今回は外からのものぐらいしか撮っていません。ブログ用もそうですが、プールでの子どもの写真も撮れないというのはちょっと残念。

 
 
【静岡県熱海市】マリンスパあたみ
 まずは1階の温水プールへ。館内案内図を見ていただくとわかりますが、25mプールと流れるプール、幼児プール、それにウォータースライダーがあります。こちらは温水ですが、温泉かどうかは不明です。
 25mプールはまあ、普通のプールですね。歩くレーンとか泳ぐレーンとかにわかれていたはず。幼児プールは浅くて小さな普通の幼児プールです。流れるプールは…実はこれを一番期待して行ったのですが、コースが丸ではなく半円で、しかも流れていませんでした。上の画像は施設の外から撮ったものですが、下に青いシートがある部分が残りの半分の円のようで、冬場は半分が外のためにやっていないようでした。流れるプール目当ての方は、事前に連絡した方がいいかも。
 ウォータースライダーは、身長120cmからできます。この日は週末でしたが空いていて、滑り放題でした。4歳の息子はまだ身長が足りませんでしたが、6歳の娘は超えていたため何回か滑ってました。ここまで空いていると、普段はやらないお父さんも何回か…。流れるプールが使えない分、空いているためウォータースライダーは何回もできる、という感じなのかも。ウォータースライダーというとどこも長蛇の列なのに、すぐに何回も滑れるというのはうれしいところ。二人一緒に滑ったりはできず、浮輪に乗ったりもできなかったはず。

 続いて、同じ1階にある健康温浴施設へ。こちらは水着で入れるお風呂(洗い場はありませんが)、という感じでかなり広く、色々なジャグジーやらサウナやらがたくさんあります。サウナはたしか4種類だったかな。水着着用なので、家族で入れるのが良いところ。ここも温泉なのかな。

【静岡県熱海市】マリンスパあたみ
 最後に2階にある男女別の浴室へ。健康温浴施設の色々あるのに比べ、こちらはシンプルに浴槽と洗い場ぐらい。なので時間に余裕もあって、疲れをジャグジーとかも使って癒やしたいという方は必ず水着を持参した方がよいでしょう(レンタルもありますが)。なお、展望風呂になっていますが、窓が曇っていてよく見えなかった…。道路もすぐ近くなので、曇らないと外から丸見えなのでとか事情があるのかもしれませんが、ちょっと残念。
 帰りは向かいにあるバス停からバスに乗って親戚のマンションへ…のはずが思ったのと違う道を通ったため熱海駅に到着。同じ熱海駅行きでも何通りか行き方があるようなので、途中でどこか立ち寄りたい場合はご注意を。

---
2015.7.23追記
 久々に7月の連休に行ってきました。夏場なので流れるプールはしっかりと動いています。見ると小さそうなのですが、入っていると思ったより長く感じます。ただ、ちょっと幅は狭め。売店も出たりしていて、人も結構多いです。でも、スライダーの待ち時間はそれほどでもなく、娘はたくさん滑っていました。2階の温泉からの景色は、この日はよく見えました。熱海の海が広がって、室内とはいえなかなかでした。

観光地・遊び場所の感想 | 【2012-02-21(Tue) 20:07:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。