< 新手当の名称とがれき処理 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

新手当の名称とがれき処理
新手当、名称に「子ども」使わず 法案で民自公が調整
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012022901001996.html

 民主、自民、公明の3党は29日、12年度以降の子ども手当の支給に関する法案について、非公式折衝で、手当の名称に「子ども」を使わず、「児童のための手当」などとする方向で調整に入った。
 3党は同日、近く公式の修正協議に入ることで合意した。民主党の前原誠司、公明党の石井啓一両政調会長が会談するなどして調整した。
 自民、公明両党は、法案が「子どものための手当」としていることについて、子ども手当に似ているとして反発している。「子ども」を削れば、法案成立に両党の協力が得られる見通しが出てくるが、子ども手当は民主党の金看板だっただけに党内からの反発も予想される。
(共同 2012年3月1日 02時00分)


 名称にこだわるより成立の方が重要ですから、民主党側も法案を成立させるために野党に譲るつもりの糊代と考えていたのだと思われます。名称なんて正直どうでもいいので野党に花を持たせて成立を図る方がよいと私も思いますが、「児童」を調べると「身体や精神がまだ十分に発達していない者。子供。日本の場合、学校教育法では満6歳から12歳の学齢児童を指し、児童福祉法では満18歳未満の者を指す」(はてなキーワード)。学校教育法の方の「児童」が通常よく使う用例だと思いますが、こちらだと児童より上も下も手当対象者となりますし、児童福祉法の方だと児童の中にも手当対象者と非対象者が含まれるとなってしまいます。本来は「子ども」でも「児童」でもない新しい名称にすべきだと思いますが、民主党の金看板を元の名称(に近いもの)に戻させたかったのでしょう。野党も余裕が無いのかな。



がれき処理中止求め要望書 市民団体、県と2市に
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20120301b

 秋田市で28日開かれた「震災がれきサミットin秋田」の実行委員会のメンバーらが29日、東日本大震災のがれき広域処理により放射性物質が拡散する恐れがあるなどとして、県と秋田、大仙両市に受け入れ中止を求める要望書を提出した。秋田市には2088人分の署名も渡した。
 県内の市民団体などでつくる実行委メンバーら約30人が県庁を訪れ、松本美根子共同代表が青木満生活環境部長に要望書を手渡した。要望書では▽がれき処理の技術的研究が不十分▽現地処理すれば被災地の雇用創出につながる▽本県は放射能汚染が極めて少なく、食料提供や避難者受け入れを行うべき―などとし、広域処理中止を求めている。
 環境ジャーナリストの青木泰さんも同行、「焼却炉の排ガスに関する放射性物質の規制値がなく、測定法も確定していない。安全性に関する国の説明はいいかげんだ」と指摘。俳優の山本太郎さんも「国の丸投げ政策に乗らず、まずは安全を担保することを考えてほしい」と訴えた。
(秋田魁 2012/03/01 08:36)


 「東日本大震災のがれき広域処理により放射性物質が拡散する恐れがある」「がれき処理の技術的研究が不十分」「焼却炉の排ガスに関する放射性物質の規制値がなく、測定法も確定していない。安全性に関する国の説明はいいかげんだ」だけど、「現地処理すれば被災地の雇用創出につながる」ということは、被災地の方々、被災地で働く方々が放射能の被害を受けたりすることは構わないということでしょうか。現在受け入れている自治体がしているように、しっかりと安全性を検査し、丁寧に説明していく必要があるとは思いますが、震災がれきを早期に処理しないと復興の妨げになると思いますし、少なくとも宮城や岩手の震災がれきが放射能で大きな問題があるとは思えません。岩手なんて福島第一原発からの距離が東京よりあったりもしますし。
 少し前に、震災がれきの受け入れを検討しているある自治体の長の話を聞きましたが、自治体が丁寧に説明すると住民のほとんどが納得して、受け入れようという話になったそうです。ですが、それがニュースになった途端、外から人がたくさん押し寄せてきて、集会やら何やら騒ぎ立てるのだそうです。どこでも似たようなことが起きているのですね。

ニュース | 【2012-03-01(Thu) 17:44:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する