< 「ペヤング」カップ麺に虫混入か 自主回収 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

「ペヤング」カップ麺に虫混入か 自主回収
「ペヤング」カップ麺に虫混入か 自主回収
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141204/k10013724961000.html

 「ペヤング」の名前でカップ焼きそばなどを製造する群馬県に本社のある会社が、カップ麺に虫が混入していたとする消費者の指摘を受けて、およそ5万個の商品について自主回収を始めました。
 群馬県伊勢崎市に本社がある「まるか食品」によりますと、自主回収の対象としたのは、いずれも「ペヤングハーフ&ハーフ」で、「激辛やきそば235グラム」と「カレーやきそば238グラム」の2種類で、いずれも賞味期限が来年5月9日までの商品です。
 会社によりますと、3日、このうちの1個について、虫が混入していたとする消費者からの指摘があったということです。
 この商品は先月10日に伊勢崎市の本社工場で製造されたものだということで、会社は「安全の確保に万全を期す」として、同じ日に同じラインで製造されたおよそ5万個の商品について自主回収を始めました。
 一方、伊勢崎保健所も4日、工場の立ち入り調査を行い、製造記録などを調べたということです。
会社では「通常の製造工程でこのような混入は考えられないが、お客様に多大なご心配とご迷惑をおかけし、心からおわび申し上げます」とコメントしています。
(NHK 12月4日 18時43分)


「ペヤング」焼きそば麺に「虫」? ツイッターで画像拡散、メーカー側「考えられない」
http://www.j-cast.com/2014/12/03222335.html

 ユーザーは元画像を削除したが、まるか食品の対応には、
  「お互いのためが云々いって圧力かけてくるあたりカチンときた」
  「今後の対応次第ではもうぺヤング買わない」
などと不満げだ。
 まるか食品はこの一件をどう受け止めているか。J-CASTニュースの取材に対し、広報担当者は「今後の対応については調査結果次第なので何も決まっていません」と話した。製造過程で混入した可能性について聞くと「考えられない」と強調。開封後の可能性も含めて調査していくそうだ。なお、虫が入っていたという消費者からのクレームは「初めて」だという。
(J-castニュース 2014/12/ 3 13:18)


「ペヤング」虫混入の苦情初めてではなかった 「小さな虫の苦情は過去にも複数あった」
http://www.j-cast.com/2014/12/04222490.html

 広報担当者は3日、J-CASTニュースの取材に対して「製造過程で混入した可能性は考えられない」と説明し、虫が混入していたという苦情も「初めて」だと話していた。
 すると記事公開後、当サイトには複数の消費者から「過去に同様の苦情を入れたことがある」という意見が届いた。真偽は不明だが、ある男性は4年ほど前に本件と同じような虫が混入しているのを開封後に発見したという。苦情を入れたそうだが「あり得ないの一言で片付けられてしまいました。現に虫の入った商品を送りましたが言い分は変わりませんでした」と振り返る。
 そのため4日、同社に再度取材したところ、同じ担当者は「『初めて』というのは虫の混入全般を指したものではないので、訂正してもらいたい。今回のような大きな虫が麺に混入しているという苦情は初めてということで、小さな虫の苦情は過去にも何件かあった」と説明した。なお、これまでの「小さな虫」が商品のどの部分に混入していたかについては「お話する必要はない」とした。
(J-castニュース 2014/12/ 4 18:29)


 当分、ペヤングは食べたくなくなりました。ゴキさんが混入していたのもそうですが、それよりもその後の対応がひどく、そういう会社の商品を買うのは控えようという気持ちにさせられます。これもこの消費者が写真を撮って、保健所にも連絡して、ネットで話題になったから回収となったけれど、そういうことをしなかったら「あり得ない」で終わってしまっていたんでしょうね。
 3つ目のJ-castニュースの記事を読むと、おそらく広報担当者の言い方が高圧的で、取材した記者もかなり不快になっていたのではないでしょうか。記事から窺えます。企業の顔となる広報担当者がこのような受け答えをしてしまえる企業体質を直さないことには、また同じようなことが起きたときにはまた問題が大きく広がり、信頼をどんどん失っていくことになってしまいかねません。せっかく良い商品を出しているのに、と残念な気持ちでいっぱいです。
 と思いながらペヤングの公式サイトを見ていたら、超大盛があるのは知ってたけど、イカ墨とかカレーとかガーリック醤油とか色々出てたんですね。ここまで色々書いてきて何ですが、見ていたらやっぱり食べたくなってきてしまいました。こういうものってある種の中毒性があってそう簡単にはやめられません。

ニュース | 【2014-12-05(Fri) 06:42:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する