< 衆院選:自民「ゾウ」、維新は「トラ」、社民は「ジュゴン」 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

衆院選:自民「ゾウ」、維新は「トラ」、社民は「ジュゴン」
衆院選:自民「ゾウ」、維新は「トラ」、社民は「ジュゴン」
http://mainichi.jp/feature/news/20141209mog00m010014000c.html

◇「動物にたとえると?」毎小の政党アンケート
 選挙を大人だけに任せておけないと、毎日小学生新聞編集部が子どもたちの質問を政党に聞いたアンケート結果が、ネット上で話題になっている。
 毎小編集部は、11月22日付毎小紙面で「未来の日本を作っていくのは読者のみなさんです。みなさんが政治家や政党に対して聞きたいことを教えてください」と子どもたちから質問を募った。それらを参考に、10問を子どもたちに代わって8党に聞いたところ、生活の党を除く7党から回答を得、その結果を12月9日付から3日連続で掲載している。
 9日付に掲載された問いは「あなたの政党を動物にたとえると?」。自民党はゾウ、維新の党はトラ、次世代の党はニホンオオカミ、社民党はジュゴンと答えた。公明党はキリンで、共産党は、時節柄かトナカイ。民主党は「孤立して行動する動物ではなく、みんなで助け合う動物」と明言を避けた。
 「私たちがお年寄りになったとき、だれが私たちの面倒をみてくれますか?」との問いに対しては、自民党は「自分のことは自分でやることが大事」とまず自助努力を前提にした。
 毎小編集部は「政党の答えをよく読んで、みなさんに近い意見を選んでみてください」と小学生に語りかけている。
衆院選:自民「ゾウ」、維新は「トラ」、社民は「ジュゴン」
(毎日新聞 2014年12月10日)


 この記事のタイトルを読んで、最初は子どもか子どものふりをした編集部が動物に例えているのかと思いましたが、そうではなくそれぞれの政党が答えているというところが面白いです。
 自民党はゾウ。ゾウの大きな身体は巨大政党っぽいですし、穏やかで落ち着いた性格もイメージ的に良いとは思いますが、野生動物の中では鈍重なところは政策の実現に時間がかかりそうとかのイメージもちょっと湧いてきてしまいます。でも、まあ良い回答だと思います。
 社民党はジュゴン。たしかに絶滅危惧種だしなぁ。人魚のモデルとしても有名ですが、社民党で人魚というと、福島前党首の人魚姿が浮かんできてしまい、うーんとなってしまいます。また、社民党が絶滅危惧種ならば、次世代の党のニホンオオカミは絶滅種。たしかに75歳と72歳の2議席では絶滅せざるを得ないよなぁ。更に言うと、生活の党は既に絶滅しています。
 共産党のトナカイは、理由はよくわかりませんが今の時期にセンスのよい答えだなぁと思います。消費税増税阻止をプレゼントするサンタさん、ということでしょうか。逆に、つまらない答えなのが民主党。「孤立して行動する動物ではなく、みんなで助け合う動物」って何?Q3の答えも、他の多くの政党は多少子ども向けに易しく書き直したりしているのに、民主党の回答はおそらく回答模範集の定型通りの答え。これでは、想像力に欠ける政党(=政策立案能力に欠ける政党)だなと思ってしまいます。民主党は若い世代の無党派層に働きかけて票を増やさなきゃならないんじゃないの?この小学生新聞の読者、小学生の親はそのメインターゲットとする世代のはずなのに、「孤立して行動する動物ではなく、みんなで助け合う動物」なんて回答を見せられては誰も投票したくなくなるのではないでしょうか。

ニュース | 【2014-12-11(Thu) 01:02:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する