< 市長ら、出身高校への寄付で書類送検・暴走族対策にSA、PA閉鎖 他 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

市長ら、出身高校への寄付で書類送検・暴走族対策にSA、PA閉鎖 他
加西市長ら書類送検 高校行事に寄付容疑で兵庫県警
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000001-kobenext-l28

 加西市の西村和平市長や同市選出の県議、市議ら計7人が出身高校の記念式典に計10万円を寄付したとされる問題で、兵庫県警捜査2課と加西署は5日、公選法違反(寄付行為の禁止)の疑いで、7人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。
 7人は、2万円を寄付した西村市長や小田毅県議、市会の森元清蔵議長のほか、1万円を寄付した三宅利弘副議長と森田博美、中右憲利、織部徹の各市議。
 送検容疑は2012年12月~13年8月、北条高校(同市)で13年秋にあった創立90周年記念式典の実行委員会に、1万~2万円を寄付した疑い。全員が容疑を認めているという。
 公選法は、政治家が選挙区内の個人や団体に寄付することを禁じている。実行委は昨年1月、7人に全額を返還。市内の男性らが2月、公選法違反容疑で同署に告発していた。
(神戸新聞NEXT 1月6日(火)7時31分配信)


 この記事のコメント欄を見ると、「このぐらいいいんじゃないの」と「いや、やっぱり駄目だろ」というもの。内容的には明らかに公選法違反で、告発された以上、警察も対応する必要があるけど、寄付の趣旨は票目当てではないし容疑を認めているしで悪質性も無いので書類送検。結論も「このぐらいいいんじゃないの」と「いや、やっぱり駄目だろ」の中間を取った感じかも。
 これは地方議会だからまだ範囲が狭くなっていますが、参議院の全国比例選出の議員は全国で寄付ができません。ちょっと忘れがちですが、衆議院のブロック比例に重複立候補した議員も、選挙区だけでなくそのブロック内での寄付が禁止だったはず。ここはかなりうろ覚えですが。比例選出の場合は確実にアウト。山梨の小選挙区で出馬し比例に重複立候補した議員は、出身校である千葉大の創立100周年に寄付を送るなどはしてはならなかったはず(千葉と山梨は同じ南関東ブロック)。票になんてまず間違いなくならないのですが。
 議員はお金があると思い込み、少しぐらい寄付してくれるんじゃないかと期待して全国会議員に寄付のお願いを郵送している団体もあるようですが、少なくとも全国比例や自分のブロック内の議員に送るのは切手代がもったいないのでやめた方がよいかと思います。


<三重の高速>主要なSA、PA閉鎖で苦情殺到 暴走族対策
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000025-mai-soci

 ◇Uターンラッシュ、70キロトイレ休憩なし
 3日夜から4日未明にかけて、三重県内の高速道路の主要なサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)が閉鎖されていたことが分かった。同県警や、高速道路の管理運営を行う中日本高速道路が毎年恒例の暴走族の新年集会対策として実施したが、年始のUターンラッシュに重なり、一般利用客からの苦情が殺到した。両者は「広報体制を含め、今回の対応をしっかり検証したい」としている。
 県警高速隊によると、昨年は暴走族の車両とみられる計約200台が各PAを占拠するなどし、利用者や近隣住民から多くの苦情が寄せられたという。
 今回の閉鎖により、東京や名古屋方面に向かう帰省客は亀山PAから愛知県の刈谷PAまでの約70キロの間、トイレ休憩などができなくなった。中日本高速道路には4日までに、約130件の問い合わせや苦情があったという。(一部省略)
(毎日新聞 1月6日(火)11時45分配信)


 一般利用者に迷惑をかけるような閉鎖ではなく、暴走族を入れさせないような対策はできないのでしょうか。去年占拠されてPA等を使えず、今年は閉鎖されて使えず。結果的には、どちらもやっていることは一緒。しかも閉鎖しただけならどこか別のところに流れるだけで、そこできっと迷惑をかけているはず。根本的な解決にはなっていません。
 テレビの警察特集番組等でもよく年始の暴走族対策をやったりしていますが、それを見る限りではきちんと対応しているように見ていました。三重県警は正月休みで人員が少なかったのかな。

2015.1.7追記 朝のワイドショーによると、暴走族は三重県内のPA等に入れなかったので、その先の愛知県内のPA等を占拠したとのこと。こちらは愛知県警の管轄なので、三重県警は対応しなくて済んだのだそうです。
 ということは、閉鎖された70kmの先も占拠されて使えないか使いづらい状態だったはずなので、100kmぐらいトイレ無しだったのかも。寒くてトイレが近くなりがちな時期に、かなりつらい。


たかじんさん死去から1年「さくらさんから一周忌の連絡ない」と親族
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150106-00010001-jisin-ent

 息子の死に目にも会えず、会えたときには骨に。一部だけでも手元に置いておきたいと思ったが、それも叶わなかった。そして後を追うように、母は昨年5月に亡くなった。
 いっぽう、昨年12月20日にはさくら氏が代表を務めるOffice TAKAJINのオフィシャルホームページで特設サイトを開設し、5万部限定でフレーム切手の予約販売を開始。完売すれば2億円以上の売り上げになる。また22日にはたかじんさんの弟子・打越元久氏を提訴。さくら氏の証言などをもとに綴られた著書『殉愛』に描かれたことが真実でないと指摘した打越氏の発言が、名誉棄損に当たるとして1千万円の損害賠償金を求めているという。(一部のみ抜粋)
(女性自身 1月6日(火)0時0分配信)


 百田さん、次回作は後妻業について、今度はノンフィクションで書けそうですね。


矢口真里 夢だった温泉旅行に出発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000045-dal-ent

 不倫騒動からの復帰を果たした元モーニング娘。のタレント、矢口真里が6日、ブログを更新し、温泉1泊2日の家族旅行に出発したことを告げた。
 行き先は西方面なのか、東名高速・海老名サービスエリアから撮った虹の写真を掲載。「みんなのお休みを合わせて、1泊2日で、家族で温泉に行ってきます」と記した。
 同棲中の恋人、梅田賢三が同行しているかどうかは触れていないが、渦中にあった矢口を支えてくれた家族と人目を気にせず温泉へ行ける日は、矢口が夢見ていたことの一つだろう。
 矢口は昨年11月発売の婦人公論のインタビューで「できれば『温泉旅番組』とか、ほのぼの路線をやりたいな…」と答えている。
(デイリースポーツ 1月6日(火)13時58分配信)


中村昌也の誤算 矢口真里復帰でイメージダウン…取材で異例の自粛要請も裏目に
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150105-00010006-bjournal-ent

 昨年10月、一昨年の不倫&離婚騒動から約1年5カ月の活動休止を経て、テレビ番組『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に出演し芸能界復帰した矢口真里。矢口は『ミヤネ屋』出演後、土下座を披露したインターネット番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』(ゼロテレビ)に続き、かつて世間を騒がせた芸能人やスポーツ選手などが当時の事実をカミングアウトする『今だから言えるナイショ話』(昨年12月21日22時~/MBS)でMCに抜擢され出演。一連の不倫騒動について際どい話を繰り広げるなど“汚れキャラ”に徹することで、好感度はアップしている。(以下かなり略)
(Business Journal 1月5日(月)22時30分配信)


 急に矢口真里関係のこういうようなニュースがネットでよく出てくるようになってきました。何か裏で、大きなものが動いているような気が。芸能界って怖いですね・・・。少し上のもそうですが。

ニュース | 【2015-01-06(Tue) 20:48:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する