< 全線開通の首都高C2中央環状線、日本最長道路トンネルに新オービスが! kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

全線開通の首都高C2中央環状線、日本最長道路トンネルに新オービスが!
全線開通の首都高C2中央環状線、日本最長道路トンネルに新オービスが!
http://clicccar.com/2015/03/13/298296/

首都高速のC2中央環状線が3月7日に全線開通しましたが、 
新規開通した湾岸線・大井JCTと大橋JCTとの区間には、最初から内回り・外回りとも自動速度取締機(オービス:LHシステム)が据え付けられています。ドライバーはご注意を!

全線開通したC2中央環状線でイチバンの注目ポイントといえば、やはり山手トンネルでしょう。
これまでも山手トンネルは部分的に開通していましたが、全線開通した結果、これまでの日本一、関越トンネルの11.055kmを大きく上回り、全長は18.2km! 日本で最も長い道路トンネルとなったのです。

世界的にも2番目に長いトンネルだというのですから、モノは試し、一度はその長さを体験していいかもしれません。
所要時間表示はわかりやすくていいですね。トンネル内の信号にも注意。万が一赤に変わっていたら、ハザードを点けて安全に停止しましょう! トンネル内に非常用出口はいっぱいあります。

しかしながら、複雑に伸び続ける首都高ですから、その案内表示にはなかなか難しいところが多々あります。
B湾岸線、大井料金所手前。案内板にC2の表示はありません。一瞬「アレッ?」と不安になりますが、中央道の文字記号が左端にあります。料金所のすぐ先がC2への大井JCTですから、左車線に寄っていないとスムーズにC2に入れません。要注意です。

また、C2から西新宿JCT(4号新宿線)、熊野町JCT(5号池袋線)で都心方向へ行けないし、都心方向からもC2には進めません。C2ユーザーは押さえておきたいポイントです。

もちろんC2は環状線だし47kmもありますから実用で全線走行ってことは普通あり得ません。C1とC2、その他コース取りの選択肢が増えたってことで、距離/所要時間情報をチェックしつつ、各自それぞれ有効活用していけばいいってことでしょう。

というところで、ドライバーにとって免許証の安全上?からも気になる山手トンネル内の新設オービスをチェックしておきましょう。
新設オービス・LHシステムは両方向とも、五反田出入口から渋谷寄り約1km地点にあります。ここはしっかりマークです。事前警告板の枚数や設置距離も異なるので惑わされないように。

<C2外回り 五反田入口合流先の新設LHシステム>
事前警告板は大が3枚、すべて五反田入口合流の手前にあります。合流後はオービスの直前に小が2枚、追い越し車線の壁面に立っています。
五反田から入り、合流フル加速で即、オービス!はけっこうヤバそうですね。
●K1: 2km(手前・オービスまでの距離)、K2:1.5km、K3:1km 五反田入口合流:800m 小K4:400m 小K5:200m

<C2内回り 五反田出口手前の新設LHシステム>
大橋JCTの合流から約200mではやくも警告板が登場します。
警告板は大が3枚のみ。K3からLHまでけっこう距離があって「まだかな〜気分」です。
LHの1km前方に五反田出口分岐が明るく見えます。
●K1:2.5km、K2:2km、K3:1.5km 

C2で待ち受けるオービスは、以前から設置されている中野長者橋付近のLHシステム、千住新橋付近のループ式オービス(それぞれ両方向)とあわせて、計6機になりました。

C2の最高速度は全線60km/h。日中の混んでいる時間帯はオービスともゆっくりご対面になりますが、交通量が少なく、比較的すいすい走れる夜間はくれぐれも注意しましょう。


 日曜、中央道方面へ行くため、五反田から中央環状線を初めて走ってみました。
 行きは7時45分頃。これまでは我が家からだと戸越インターから乗って、霞が関や外苑を通って中央道に入りますが、中央環状線だとかなりショートカットして、いきなり新宿に。物凄い近くなりました。途中、東名方面の分岐があって、「東名方面も近くなったね」とか話していたら、結構すぐに中央道方面の分岐が。早すぎて、一瞬通り過ぎそうになったほど。初めての道で、カーブも少し多めと聞いていたので速度は出していなかったのに、10分走ったか走ってないかぐらいで中央道方面の首都高に合流してしまいました。この時間は合流地点も混んでなくて、予定より30分も早く目的地に着いてしまったほど。
 帰りは15時半頃。こちらも混んでなくて、すぐに五反田に到着。我が家にとって、中央環状線の開通の恩恵はかなり大きそうです。
 オービスは、たしかにありました。五反田から乗って、高速の流れにも乗って、追い越し車線に移動してちょっと速度を上げようかというような嫌な位置で、注意が必要そうです。私もそんなに飛ばすことはないのですが、最高速度が60km/hと遅く設定されているので、普通に他の車の後ろについて流れに乗っていただけで100km/hぐらいいってしまい違反になってしまった、となりかねません。
 また、五反田から乗る際にちょっと気になったのは、案内標識が「東北道(方面)」となっていたこと。自分が中央道方面に行こうとしていたこともありますが、本当にこれでいいのかな?と思い、インターに行く際に少し遠回りをしてしまいました。

ニュース | 【2015-03-16(Mon) 23:40:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する