< アマゾンプライムデーとエスカレーターの安全利用を呼びかけるキャンペーン kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

アマゾンプライムデーとエスカレーターの安全利用を呼びかけるキャンペーン
Amazon「プライムデー」、1日の販売数が過去最高を記録
http://ascii.jp/elem/000/001/030/1030162/

 アマゾン ジャパン(株)は17日、15日に開催されたAmazon最大のセール「プライムデー」の1日あたりの販売数が世界9カ国で3440万点に上り、昨年のブラックフライデー(感謝祭後の金曜日)の実績を超え、過去最高を記録したと発表した。(以下略)


 アマゾンプライムが全然使えないと以前書きましたが、今回はプライム会員限定のセール。CMもやっていたので結構期待していましたが、やっぱり駄目でした。
 まず、ほとんどの商品が開始1分以内で売り切れ。残っている商品も良く見ると、「これより安い商品があります」みたいに書かれている、値引率がいまいちな商品だったり。そして、これが休日なら狙いの商品を頑張って待とうと思いますが、この日は平日。仕事中なのでその時間に張り付いていることなどできません。なら夜の商品を狙えばと思うと、夜はなぜか財布やバッグなど商品ラインナップに偏りが。必要じゃないので選べません。
 ということで今回もアマゾンプライム会員を生かせず。せめて休日にやってくれれば、早い者勝ちに負けるのは諦めがつくのですが。


鉄道事業者51社局など、エスカレーターの安全利用を呼びかけるキャンペーン
http://news.mynavi.jp/news/2015/07/21/523/

 全国の鉄道事業者などによるエスカレーターの安全利用を呼びかけるキャンペーンが21日からスタートした。ポスター掲出やディスプレイ広告の掲載、ポケットティッシュ配布による啓発などを行い、利用者に「手すりにつかまろう」などのメッセージを伝える。
 同キャンペーンは、鉄道事業者51社局と羽田・成田両空港、日本民営鉄道協会などが日本エレベーター協会と共同で実施するもの。駅や各施設でエスカレーターでの単独転倒事故をはじめ、走りながら上り下りしたために他の利用者に衝突し、転倒させる事故なども発生しているという。エスカレーターで歩行用に片側を空ける習慣も、ケガなどの理由で片側を空けられないない利用者にとって危険な事故につながる場合があるとのこと。
 こうした状況を踏まえ、すべての利用者が安心してエスカレーターを利用できるように、「みんなで手すりにつかまろう!」とのメッセージを記載したB1判の統一ポスターを制作。8月31日までのキャンペーン期間中、駅や各施設でいっせいに貼り出す。
 なお、JR東日本グループは同一デザインのB3判ポスターも独自に制作。キャンペーン期間中、グループ内28社の商業施設などに貼り出し、エスカレーター安全利用を呼びかける。


 今朝、とくだねでこのニュースを見ました。それで今日の仕事は外回りでメトロとJRを使っていたので、気にしてポスターや何か取り組みをやっているのか見ましたが、何もない。ポスターも見当たらない。最初は上り下りを階段にしたり気をつけていましたが、誰一人気をつけないというか知らないという状況に馬鹿馬鹿しくなり、普段通り左に並び、歩きたいときは歩くようにしました。
 このニュースを見たときに、長年の習慣を変えるためにはエスカレーターのところに係員を配置して呼びかけをしたりしなきゃ駄目だろうなと思いましたが、そんなところは一切なく、それどころかポスターも一箇所も見当たらないというのがわかり、本気で習慣を変えるつもりはないのだなと理解しました。今日は新宿や大手町、銀座など、JRやメトロの主要な駅いくつも使ったのですが。
 おそらくこれは、エスカレーターで何か事故でも起きたときに、鉄道事業者はこういうように事故防止に努力してきましたよーと免罪符にするためにやっているのかなと邪推してしまいました。まあそれが合っているのかどうかはわかりませんが、少なくとも本気で習慣を変える気がないことは事実だと思います。


遊び・行動・日記 | 【2015-07-22(Wed) 00:17:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する