< 萌えキャラ:「碧志摩メグ」に反対署名 「公認撤回を」 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

萌えキャラ:「碧志摩メグ」に反対署名 「公認撤回を」
萌えキャラ:「碧志摩メグ」に反対署名 「公認撤回を」
http://mainichi.jp/select/news/20150814k0000e040234000c.html

 海女をモチーフにした三重県志摩市公認の萌(も)えキャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」が「女性蔑視で不快感を与える」として志摩市に公認撤回などを求めている同市阿児町鵜方、主婦、宇坪伊佐子さん(39)が13日、市役所を訪れ、現役海女を含む309人分の反対署名を大口秀和市長と井上裕允議長宛てに提出した。【林一茂】
 署名は現役・元海女ら211人分と、市民98人分が集まった。市内には昨秋時点で256人の海女が就業しているとされるが、宇坪さんによると、現役海女からは97人の署名が寄せられたという。宇坪さんは「短期間にたくさんの署名が集まり驚いている」と話し、企画の停止や公共施設からのポスター類の撤去などを求めた。
 これに対し市観光戦略室は「大口市長にも確認したが、企画は続行していきたい。公認撤回やポスターなどの撤去も考えていない。今後のPR活動については今回の指摘を考慮しながら進めたいが、『女性蔑視』などはあくまで個人的な感じ方の問題だ」として、申し入れに応じない方針を示した。
 署名提出後、宇坪さんは「多くの海女さんは『私たちをバカにしている』と言っている。海女の信仰心や潜水技術など先人が築いてきた海女文化をねじ曲げ、後世に残したくない。行動を通し市民の共感を期待したい」と話した。
毎日新聞 2015年08月14日 14時17分


 どうしてこんな状況になってしまったのでしょうか。この萌えキャラ「碧志摩メグ」を見ても、正直私自身は女性蔑視とは思えません。ただ、多少萌えキャラを見慣れている目で見ているからかもしれませんが。
 有名な話ですが、たとえば秋田県の羽後町では米袋に萌えキャラを載せた「萌え米」を販売し、町でのイベントなどでも萌えキャラを使うことで町おこしを成功させています。志摩市が萌えキャラを使って町おこしをしようという発想自体は悪くないと思います。
 とはいえ、これは反対署名をする側を批判するつもりで書いてはいません。調べてみると、公募で名前が決まったのが昨年12月。その前に公募を行ったのだと思いますが、反対の声が強くなってきたのが今。これはおそらく自治体側が海女さんはじめ関係者にきちんと根回しをせずに、唐突に行ってしまったんじゃないかなと推測してしまいます。この萌えキャラ自体はとても良いと思いますが、そのせっかくの萌えキャラも関係者の理解がなくては活用しにくくなってしまい、もったいないなと思いました。

ニュース | 【2015-08-18(Tue) 21:06:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する