< 羽鳥慎一アナが司会 テレ朝「モーニングショー」22年ぶり復活 kenji145のひとり言日記
プロフィール

kenji145

Author:kenji145
 男。年齢は書かないことにしました。趣味は競馬、ゲーム、ネット、ドライブなど。詳しくは下記サイトを。

kenji145の募金りんく~クリック募金の紹介とアクセス募金~
 クリックするだけ、無料でできる募金サイトのリンク集。アクセス募金も実施中。このblogのメインサイトです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QR
その他
あわせて読みたいブログパーツ

羽鳥慎一アナが司会 テレ朝「モーニングショー」22年ぶり復活
羽鳥慎一アナが司会 テレ朝「モーニングショー」22年ぶり復活
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/09/kiji/K20150909011096030.html

 日本初のワイドショー「モーニングショー」が22年ぶりに復活する。
 28日にスタートするテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜、前8・00~9・55)で、同局秋の番組改編の目玉。フリーの羽鳥慎一アナウンサー(44)を司会者として前面に押し出し、シンプルかつ王道の情報番組を目指す。
 重責を担う羽鳥アナは「このたび、番組名に自分の名前が入ることになりますが、これまでの姿勢と変わることなく、見ていただく方に分かりやすくという思いで謙虚にやっていきたいと思います」と決意を示した。
 歴史的な番組の復活について同局の小寺敦チーフプロデューサーは「いま何が起きているかにこだわり、人間ドラマを見せるのがワイドショー。その原点に立ち返りたい」と説明。現在、同時間帯に放送している「モーニングバード」の司会をフリーの赤江珠緒アナ(40)とともに務めている羽鳥アナの抜てきに関し、「羽鳥慎一という“人の心”を第一に考えてニュースを捉えるキャスターで、新たなワイドショーに挑戦したい」としている。
 「モーニングショー」は1964年4月、民放他局に先駆けた朝のワイドショーとしてスタートし、93年まで29年間続いた。元NHKアナの故木島則夫氏が初代司会者を務め、以後、ジャーナリストの江森陽弘氏(83)や元フジテレビアナの田丸(当時・美里)美寿々氏(63)ら個性豊かな面々が番組を取り仕切ってきた。
 新番組では、同局の宇賀なつみアナ(29)がアシスタントを担当。羽鳥アナが、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」の司会・宮根誠司アナ(52)のように前面に出る形となる。
(2015年9月9日 06:35 スポニチ)


 今朝から、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」が始まりました。最初の5分を見逃してしまい、そこから8時45分ぐらいまで見ていましたが、正直言って代わり映えしないというか新鮮な感じがしない印象を持ちました。後半の構成を変えてきているのかもしれませんが、これまでと同じ司会者で同じようなコメンテーター。てこ入れになっているのでしょうか。
 同じ司会者と書きましたが、減ったのが赤江珠緒アナ。根強い人気があり、嫌いという人が少ないアナウンサーなので、いなくなったことは大きなマイナスと感じました。以前この枠は赤江アナを一度外したら視聴率が落ちて結局復帰させたようなこともありましたが、今回もそうならないか危惧されます。赤江アナはラジオのために辞めたとか実際は降板だとか色々書かれていますが、以前見たヤフーのコメントで「こういう理由だったらいいな」と思ったのが、赤江アナは妊活のために辞めたというもの。たしかに朝早くから帯で番組をやっているとなかなか難しいと思いますし、そういう理由も含まれていたらいいなと一ファンとして思いました。
 赤江アナの代わりに加わったと思われるのが宇賀なつみアナでしたが、途中で羽鳥アナに「座ってていい」と言われるぐらいセットの一部に溶け込んでいました。これからどう個性を出していくかですが、羽鳥アナを前面に出すという方針を考えれば、求められているのはこのぐらいなのかも。
 テレビ朝日のワイドショーというと、やはり朝日系列なのでどんどん左に寄ったビデオを流していきがちですが、羽鳥アナはバランス感覚がある方なので微妙に軌道修正するようなコメントをよくされています。そういうところが私には報道ステーションとかと比べて見やすいところでもあるのですが、極端な方がテレビ受けする面もあると思います。今後も今のスタンスを守っていけるかどうかを個人的には注目しています。

ニュース | 【2015-09-28(Mon) 20:59:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google Ad
CalendArchive
サイト内検索 by Google
カウンター
リンク



このブログをリンクに追加する